バイオロジカルトリートメント

CASE STUDY最新の事例

2021.06.30
対象
インプラント 、根管治療、かみ合わせ
期間
1年

治療の背景

転勤前に近所の歯科医院に通う。右側中切歯の根尖に膿が溜まり、当時の歯科医院に不信感をいだき中断。

咬合高径の低下、前歯部への負担によるものとみられるが、根治途中で中断により悪化。 知り合いの紹介でフローラデンタルクリニックに受診に至りました。

治療前のレントゲン

インプラントの埋入後のレントゲン

横顔のレントゲン

正面のレントゲン(顔の対称性の確認)

CTにて顎関節の診断

重度の歯のすり減りから気道が狭くなっており、無呼吸の恐れがあります。
この症状も改善する治療を実施。

以上、マウスピース(mago)インプラント、根管治療、全顎補綴による咬合高径、生物学的形態の回復をします。

Dr. Eraso’s Diagnosis Report

アメリカの顎関節、気道の専門医に診断を提出。

顎運動の安定したか確認

顎運動(口の開け閉め)が安定しているか確認

顎が安定したことを確認

お口の中、外も再現します。

理想の顔貌、かみ合わせの決定

模型上で理想のかみ合わせを再現

ボートによるコンタクトポイントの確認

模型上で設計したかみ合わせの仮歯を作製

仮歯を全て入れた写真

最終の型どり - ファイナルインプレッション –

シリコンにて印象、マージンの印象がよくとれていない箇所はブロックにわけて印象しました。

再度、上部シリコンの印象を取りました。

ビフォー・アフター

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

治療前

治療後

© Bio logical treatment. all right reserve.
ページトップへ