バイオロジカルトリートメント

CASE STUDY最新の事例

2021.04.20
対象
バイオロジカルトリートメント(非矯正による噛み合わせなど口腔機能の改善)
期間
6ヶ月

患者データ

上顎前突、口呼吸、発音障害……。子供のうちに改善し、健全な口腔機能を育む

近年、とても増えているのがお子さんの口腔機能の発達不全です。柔らかいもの を中心とした食生活、哺乳瓶の使用などによって歯や顎がしっかり育っていな いケースが多く、それが上顎前突(出っ歯)、口呼吸(浅い呼吸)、発音障害な どの原因になっています。

治療の背景

小学生の B さんは、上顎前突(出っ歯)、口呼吸(浅い呼吸)、発音障害など心 配な症状が現れていました。これらの主な原因は、歯や舌、顎などの口腔機能が しっかり育っていないことにあります。また、B さんには先天的な歯の欠損もあ りました。そのため、周りの筋肉に押されて口の形が V 字になり、舌も本来の動 きができなくなるなどし、上顎前突、口呼吸、発音障害を引き起こしていたのてす。

治療方針

幸い B さんの場合、まだ 8 歳ということもあり、抜歯やワイヤーなどによる矯 正をせずとも、改善できると判断。口育トレーニングや簡単な装置(筋機能矯正 装置)を使って改善を図ることにしました。

——

治療経過

1.あいうべ体操

あいうべ体操は、舌をはじめ、頬、唇、顎といった口腔周囲筋(口周りの筋肉) を鍛えるもので、口呼吸の改善などに役立ちます。口呼吸から鼻呼吸になること で、免疫力のアップ、ドライマウスや口臭の改善、虫歯や歯周病の予防などに効 果があります。

2.装置による機能改善

筋機能矯正装置を使い、不必要な力がかからないようにし、舌もスポットと呼ば れる本来の位置に収まるように促します。このことで、正しい咀嚼、嚥下、呼吸 ができる口腔機能を育みます。

3.食育&食べ方指導

しっかりとした咀嚼、嚥下ができる口腔機能を整えた後は、管理栄養士による食 育、食べ方指導も行い、体全体を健康にしていきます。

ビフォー・アフター

治療前と治療後での状態を比べてみましょう。

治療前

治療後

総括

生活が便利になり、あまり硬いものを食べなくなったり、母乳ではなく、哺乳瓶 で育つお子さんが増えています。人の乳首なら赤ちゃんの口がしっかり吸い付くことができ、鼻からの呼吸が促されます。哺乳瓶ですと人工のものですからど うしてもしっかり吸い付くことができず、口から呼吸してしまうようになります。これらのことが原因となり、現代のお子さんの多くが口腔機能の発達不全になっています。お子さんのうちに口腔機能を正常な状態に戻すことはとても大 事なこと。何か問題点が見つかったら、早い段階での受診をおすすめします。

© Bio logical treatment. all right reserve.
ページトップへ