バイオロジカルトリートメント

CASE STUDY最新の事例

2020.12.26
対象
バイオロジカルトリートメント(噛み合わせ/バイオエステティック)
期間
6ヶ月

自然で美しい歯を実現するバイオエステティック

せっかく矯正やインプラント治療などを施しても、不具合が生じ、台無しになってしまうケースが少なからずあります。これはしっかりとした噛み合わせにな っていなかったり、顎の動きが安定していないためです。

治療の背景

D さんは他院で矯正治療を受けましたが、次第に噛み合わせが悪くなり、前歯の上と下の歯に常に隙間ができ、奥歯でしか噛み合わせができない状態になってしまいました。他院で症状を訴えても、「原因がわからない。施しようがない」 と言われた D さんは、以前、治療を受け、信頼していたフローラデンタルクリニ ックの菊地医師の元を訪れました。

治療方針

D さんのように噛み合わせが悪くなる根本原因として、顎関節の動きが安定せず、正常に機能していないことがあります。また、間違った噛み合わせ、顎関節の使 い方をしていたために表情筋に無理がかかり、笑顔などもぎこちない印象を与 えるものになっていました。

D さんの場合、症状が進行していましたので外科手術も考えましたが、本人の希 望を考慮し、歯科治療で進めることにしました。そして、綿密に計算したところ、 D さんの場合、顎関節を安定させた上で、奥歯をある程度削れば、全ての歯がし っかりと噛み合うようになることがわかりました。

——

治療経過

1.コンサルティング&イメージの共有

ご本人の希望、お気持ちをじっくりお聞きした上で、バイオロジカルトリートメ ントの考え方、手法を説明。D さんの理想の口腔機能や顔貌のイメージを共有します。

2.理想の噛み合わせ・顔貌の決定

CT やレントゲン撮影により D さんの現在の状態を正確に把握。綿密に計算した 上で理想の噛み合わせ、歯の形を再現した模型を作成。これを元に D さんの本 来あるべき歯の位置、大きさはもちろん、歯と連携する顎や舌などの動きをシミ ュレーションし、噛み合わせ、顔貌を決定します。

3.顎関節の安定

噛み合わせ・顔貌が決定した後、治療に入っていきます。まず顎関節の動きを安 定させるためにマウスピース(mago)を装着。顎運動が安定したかどうかを定期 的に確認していきました。

4.奥歯を削り、歯の形状を整える

顎関節の動きが安定した後、奥歯を削り、全ての歯がしっかりと噛み合うように しました。厳密な計算を行い、削る範囲は最小限で済みました。

ビフォー・アフター

治療前と治療後での状態を比べてみましょう。

治療前

治療後

奥歯でしか噛んでいない状態であった D さんですが、治療後は全ての歯が噛み 合うようになりました。

噛み合わせがよくなったことで表情筋にも無理がかからず、自然な表情になりました。

治療後

総括

噛み合わせが悪いと歯はもちろん、顔全体のバランスが崩れてしまいます。ま た、一般的に行われている薬剤やレーザーなど人工的な方法によるホワイトニ ングは不自然な印象を人に与え、効果も一時的なもので終わってしまいます。バ イオロジカルトリートメントによる審美治療(バイオエステティック)は、噛み 合わせや口内フローラ(細菌叢)のバランスを改善するなど根本からこれらの問 題を解消し、自然で美しい歯や表情を取り戻します。

© Bio logical treatment. all right reserve.
ページトップへ